恋・恋愛・愛への変容!

恋・恋愛・愛への変容!

恋・恋愛・愛への変容!

 

 

 

恋は年齢とともに訪れる!そして同じ時代を生きる運命の出会いでもある!時とは運命そのものであるが残酷なものでもある。Transformation from love to romance and love

恋は本能の領域との関係性でもある!するものではなくおのおのが持つ性のパワーにさせられるものである!つまり恋により無意識生活を初めて感ずる人もいれば!また来たかと観ずる人もいる!しかし恋は愛への小さな心の緊張!プロローグであることには間違いはない!でもこころの成長があって初めて観ずることができるそれは一つの性の深まりでもある!

心理学的にはChange in mental tension?心的緊張の変化がまさに恋・恋愛・愛・への移り変わりである無意識活動の小さな衝動から意識活動への変化とも言える。このプロセスを経たものが心の器がおおきくなることができる!つまり粗ぶれたコンプレックスの分解!意識が使えるコンプレックスにすることだ、意識が異性を通して強くなる変化の過程でもある。男の器・精神の攻撃性!また女々しさを通して!自分の中にも女性が生きていると意識できるものだけが男になれる。エロス「無意識生活・夢・眠ること」が人生を支えてくれていることに気付く。だからまた同性愛がなりたつ!精神生活とはできればしたくないが!しなければ生きていけない。

 

男性の場合!まさに狼のように本能に揺さぶられる瞬間でもある!性のパワーが目覚めるということは良いことでもある!男性にとり正義の剣を手にいれられるか?どうかの男になれるかの正念場でもある!男の性とは、正義の剣をもたないものは女性を愛することができなくなってしまう!現代では離婚が多いのは男性の責任でもあるが女性の責任も大きい!

 

つまり愛という繋がりが持てない!それはそうだ愛は意識活動そのものだからである!大人でなければできない!恋は本能活動の領域が中心であるから!感じる力!感覚!直観!などの受ける力だけでも成り立つが!愛は違う!意識が育たないとできない!それは相手の未来を思うからだ!そして互いの来た道!過去を思うこともできる!その人の人格が浮かびあがる!つまり考える相手の幸せを!

それはパブリック・マインド「男の剣を持つものに与えられる」女性を導く力でもある。愛だけで満足する女性もいるが!恋から愛へと必要な女性もいる!まさにさまざまだが女性の性のパワーにも関係しているように思う。

大人になるということは投影をしないことだ!女性に母性を投影すると「マザコン」!女性の人格が見えない!感情移入ばかりしていては大人になることは出来ない!悩みが余計に増えるように思う!午後の心理の年齢までにはどうにか大人になっていなければいけない!役者は意識的に感情移入する仕事でもある。


ホーム サイトマップ
トップページ ようこそKayuフラワー心理セラピーへ 問い合わせフォーム