感情移入って何?「一つの認識システム」

感情移入って何?「一つの認識システム」

感情移入って何?「一つの認識システム」

 

 

 

*私達フラワーセラピストは必ずレッスンでは!お花に私達人間の一つの知覚的な方法として!感情移入というメカニズムを意識的に利用して自分自身の心の動き等を!花の姿として映して見ていく手法がございますが!今回は普通の社会では感情移入とはどういうメカニズムで一人一人の心に働きかけるのかを知っていることもフラワーセラピストのセラピー能力力を高めることにつながります!

 

*一般の方の誤りは!無意識というとせいぜいコンプレックス機能までと誤った理解にあることです!生を司るメカニズム!アプリオリ・遺伝イメージメカニズム群!「人生」がまさに意識のメカニズムであるととももに!エネルギーの無意識のメカニズムなのです。感情移入とは私達人間に与えられたシステムとしての感情を利用していきます。

 

複雑な心の中の構造!メカニズムとしての一つの認識様式にすぎません! この感情移入しっぱなしが!実に良くないか!幼児教育の問題ですと理解しやすいと思います。*心理学では現実の親・兄弟・でも他人という見方をします!つまり幼児教育、4歳ぐらいまでの自我が動きだすくらいまで!という人間の根幹を作る時期!はママの能力次第ということになっています!

自我というシステムが作られるまでは!母とイメージ母と子供という関係で!現実のママを一生懸命に知ろうとしています。つまりママがしている感情移入「投影」を疑似ママを使い一生懸命に知ろうと!コンプレックスの分解作業をしています、まさにけなげにです。この自我ができるまではとても大切な時期で将来の才能までもと関係していきます!

つまり心理学的に!心の構造は人間は孤独な存在として生きていきます!このような孤独と耐えられないとこまりますので感情移入という心理的行動で!他人とこころを繋げようとするのが感情移入!投影!自己客体化ということができます。つまり群れの無意識群という数々の心のイメージを記憶イメージとして変換していきます。

又私達一人一人の人間は色々なエネルギーを持つ無意識コンプレックス「心的複合体」で支えられています。無限大にあるコンプレクですが!大きな重要なコンプレックス心的複合体は!マザーコンプレックス・ファザーコンプレックス・両親コンプレックスつまりシンボリックパワーという生・性のエネルギーに支えらられています!つまり無意識と意識のエネルギーの関係で人間は生きていられます、不思議ですが心と肉体との関係です。「やる気・気分・弛緩・緊張・視覚・イメージ」現実的には今やインターネットの世界では臓器たちの会話ということで!次元のちがう研究が進められています。もしかすると無意識と健康の関係も近い将来ときあかされる時代がくるかもしれません。

つまり幼児教育をされるママさんの間違いは!こども達の意識生活がただで得られてしまうという!大きな間違いが日本では蔓延しています。自分自身は母と言うイメージを持ち・また父というイメージに支えられ生きて良いのですが!お子様は他人という見方をしないと!感情移入してもよいのですが、しっぱなしはよくありません!つまり自分のこころ「母性本能」を永久に子供に入れてしまうという怖い現象がおきます!つまりママの心がこどもに向くとき必ず「母性本能が働き」!本能でこどもをみてしまうために!こどもとの意識的な関係をもっとも必要な時期に!母が自らの母性という本能に支配されてしまいます。つまりお子様をマザコン情態にしてしまいやすくなります、幼児の発達は母のこのころの教育に生涯影響されやすくなります。 無意識のメカニズムは幼児においては母次第ということになります!つまり母の教育次第ということです。いくらこどもでも!こどもの為には他人という意識的な関係が作られないということになりますので!お子様の意識が育たなくなってしまいます。つまり性の発達が遅れるわけです。これを心理学では母によるこどもの取り込んで離さないという怖い心理状態とみるわけです。「心理的に母から離れられない子!虐めする子が将来的には危険だということが理解して頂けると思います・ストーカー等」母という女性が!母ではなく女性性としても認識することができるのが大人の条件になります!

マザコンがいかに怖いことかということを理解してほしいのです。ここまできて初めて個性的な関係が母と子の間に成立するわけです。男の子が母を守るために父に歯向かうのも男性性が自立していないとなかなかできないのです。 *「無意識との関係性」つまり外界で起こる他人との関係・事物との関係・事象との関係を!感情移入という方法で認識する方たちを感情移入タイプといいます。「心の構造」 *恋ということもこの無意識イメージでさせられてしまいます!人格のメカニズムが発達していかないと!恋が偏執して!男性の場合には!どうして愛してくれないなどの意識が女性的に偏執してしまい性の転換がおきていきます。マザーコンプレックスが意識を支配するようになっていきます、怖いことなのですが現実です。政治の世界でも人格の未発達が多いと性が浅くなり男性から女性への転換が無意識的に起きてしまいます!これがセクハラ・パワハラの本当の姿です。お年よりの癇癪とは意識のシステムが浅いことから起きてくる場合もとても多いのです。 *ただ一般の方でもこの無意識のエネルギーを知ると知らないでは人生がまるで変ってくる可能性があります!特にお子様の才能面では知らないととてもまずいことになります! *実はこの感情移入この人格のメカニズムは誰の心の中にも!存在します!心理学は見えない現実を追及するために他の科学とはかなり違いますが!経験科学ということには間違いなく!現実的な科学です。睡眠中の夢も無意識の機能で肉体は休んでいても!昼間の心の緊張度が高いと!意識の補償的な役割を無意識のメカニズムはもっています!

 *無意識の心の動き!認識システムとして感覚や直観機能から心の緊張として受け取ったエネルギーを感情というイメージにエネルギーを受け取り!変換する!感情移入というシステムが働いています。この生を認識する!遺伝的メカニズムが習慣化したものが!性格・パーソナリティーとして一人一人の生きる方向性を外向と心理学では読んでいます。約人口の半分がこの感情移入タイプと言えます!この感情移入タイプは!外の環境・他人に対しては有効に働くのですが内的な関係にたいしてはあまり活発には動かないので意識的な注意がフラワーセラピーまた他のセラピーとして有効に働いていきます!  

私達人間の外の世界・自分とは違う他人・事物・などに対する認識のメカニズムとして感情移入は機能していきます。この感情移入という!遺伝的なイメージのメカニズムは未来のこども達にも!アプリオリに!遺伝的に伝えられていきます。ところがこの感情移入ばかりに専念していると!もう一つの現実を見失い!生のバランスを崩してしまい!悲しいですが必ず自分自身に降りかかり心のバランスをくずしてしまいます!つまり親が感情移入タイプの方ですとどうしてもこの影響を受けてしまいます!また恋人がこの感情移入のタイプですと!自分が感情移入のタイプでなくてもこの傾向に傾いていきます! フラワーセラピーでも当然この機能「メカニズム」を利用してお花に感情移入していき!その手法によって!ある意味の感情という機能で自分のこころの状態をお花に浮かばせることができます。 また恋をするのもこの感情移入というシステムがあるからこそ!相手を認識することができるわけですが!芸術鑑賞もある意味感情移入というシステムを利用する方も多くいらしゃいます!音楽鑑賞などもこの感情移入というシステムで人と人が結ばれていきます。 ところがこのシステムだけに専念んすると!つまり自分がなくなり!この無意識のメカニズム自体にあやつられるという!無意識のマインドコントロールを受けてしまうという欠陥が自分のこころがそこで働いているという意識がないことが危険になります!相手の性格とかそういうことではなくて!相手を仮象としてそこでは自分自身のこころが働いているということを意識している方はほんの一部の人なのです。俳優は意識的にこの感情移入を使用することで反対の機能が目覚めるわけです!感情との反対の機能とは考える力にエネルギー転換をして俳優という仕事がなりたっていきます。


ホーム サイトマップ
トップページ ようこそKayuフラワー心理セラピーへ 問い合わせフォーム