感情移入!はとても早いメカニズム!

感情移入!はとても早いメカニズム!

感情移入はとても早いメカニズム!「気をつけないとすべてを奪われる」

 

 

*心の作られ方の不思議ということで!だいたい心の作られ方は理解していただけたと思います!
私たちの心は遺伝子イメージという!無意識の心の素因である程度のコントロールは生まれながらに受けています!それぞれの心がばらばらでしたら社会がなりたつわけありませんよね!ただどうして人間はこんなに悩むかというと!遺伝子的には多様なイメージコンプレックスが無限大に埋め込まれているのですが!あくまで無意的に・動画イメージ・静止画イメージ・ばらばらに埋め込まれています。 「幼児のままごと!遊びも先取りの連想!というイメージ遊びなのです」

 

*つまり心を構成!作りあがていくのは!心の構造を大人のものにするのは!皆さまの努力しかないのです!東大生が強姦事件を起こしてしまうように!自己教育という人生最大の入学試験はあなたに何回も訪れます!親がかわりにしてくれないし!先生がしてくれるわけではないし!あなたがこのコンプレックス群の数々を経験していくしか他に方法はないのです。だから深層心理学を経験心理学ともいいます!ほとんどの方がどうにか人生を生きられたしても!40才すぎには午後の心理段階がおとずれ!あなたの心の構造にチェックが入ります。お金もちに生まれようが!そんな小さなことには!心は無頓着ですあなたがちゃんと生きているか?を問いただしてきます。ほんとうに不思議なメカニズムです。
 

 

*人間の生き方として大きく2たつに生き方を別けることができます!ひとつが今回の感情移入タイプ!「Types of empathy」もうひとつがアブストラクト・タイプ「抽象・タイプ・Abstraction type」!いずれの場合にも!環境の・客体の認識のメカニズムです!難しくお話しなければいけないのが!心理学なのですが!はしょってお話すれば!両機能とも遺伝的なイメージ機能のお話しで!ふつうの方であれば両方かな備えています、ところが発達の過程で好きなほうを選択してしまいがちです!特に現代では親御様が心の機能に詳しくないので!お子様は自己教育ができない時代に入ってしまいました!つまり外「環境・客体」との関係性の中で生をエンジョイするタイプを外向タイプといいます。当然当スクールのレッスンでは意識的に「お花」その姿に感情移入していきます!当然かわいらしいペットにも感情移入しています!

 

*また写真のように人に自分のこころ「自らの生を!イメージを」の素因を感情敵に客体へ移入「同一化」当然感情的こころ以外の大切なこころの素因も感情的に移入していくというメカニズムで!自然・他人・環境の中で生を楽しんでいくタイプです!つぎつぎに移しこんでいきます!残しておかなといけない大切なこころの素因までも相手に移していまう傾向「投影」をもちます。ただ最悪なのは主体「自分」がなくなるという最大の欠点をもっています!個性の未発達!本能的精神・集合性イメージの未発達「幼児性」!「スマホ依存症・あまり行き過ぎると自分自身との関係が見えなくなり一つの精神的な病気を誘発してしまいます・また一人でいることが不安!極端な場合ですと脅迫観念が誘発されてしまいます」また人格のメカニズムも当然おかしなものになってきます!最近の政治にも反映されています!男性にはなくていけない!性の深まりが訪れない!男になれない去勢現象です!女性にとり怖い時代が訪れてしまいました。母性の投影!「セクハラ・パワハラ」
 

 
 
*心理学的に申しますと!感情敵に移入するタイプはとても!そのスピードの速さ故に!大切なこころを奪われやすいという特徴を遺伝的にもっています!現代では都会などの生活では刺激が多いので!生きやすいというインスタント性をもち!こころが構成されていきます。
 
*実は非常に怖い面を持っています!役者さんのように意識的に感情移入できれば問題はないのですが!なにしろ感情移入というメカニズムは早い「浅く・ひろい」のです。まるでミツバチのようにつぎからつぎに自分自身に敵うイメージを求めていきます。 つまりいつのまにか相手の中に自分のこころを入れ込んでいきます!つまり自分が見えなければ!相手と同一化していることになってしまいます!それはそれで!集団の期待や要求には適応していてはいますが!このように方向づけられた機能とだけ同一化すると!発達していない別の機能を避けることができるのですが!こころの要因が!緊張感があさいために深くイメージの連想ができていかなくなります!つまりほかの機能との意識の連携ができていかなくなりますので!人格的な偏りを見せ始めてしまいます!つまり最悪の場合は集合的価値だけの!神経症・ノイローゼなどが現れる場合いも出てきてしまいます。
 
そして自分自身を置き去りにする傾向を持ちますので!あまりにも性を忘れさることになりかねないので!時間を意識できず!に苦しむことにもなりかねないのです。性と時間は密接に関係しています。

*セラピストの方は銀座での講習会でも性と時間いついて!見つめてみたいと思いますので!ご期待ください!


ホーム サイトマップ
トップページ ようこそKayuフラワー心理セラピーへ 問い合わせフォーム