午後の心理!Afternoon psychology

午後の心理!Afternoon psychology

午後の心理!Afternoon psychology

 

 

*Afternoon psychology 「午後の心理」40歳過ぎの心の構えの変化!女性の二重意識の怖さ!


 

*人生は肉体の旅と心の旅がございます、心の旅は恐ろしいことですが誰にでも好むと好まざるに関わらず人生の大きなパターンとして運命づけられています。午後の心理は40才過ぎると心の構え方を変えようとします!これが午後の心理への入り口!どんなお花を咲かせるかはその方の心「根っこの成長」次第です。つまり心の構え「動機」モチベーションは本能・精神とも連動しています。

*これからの分析はあくまで私の私見の分析です!心の成長の失敗例として自民党の豊田議員の例をあげてみましょう!


たしかに見かけの生活、金銭的、物質的にはある程度は成功なのですが!心の発達は完璧な失敗例とみても良いと思います。私は精神科医も相当なレベルの人につかないと余計に悪化するように思います。「禿・という発言は権威生活、意識生活の一面化を表しています、つまり脅迫神経症をまず疑うべきです、意志がさせるのではなく自我が限界まできています!ヒステリック!男として生きてきた意識生活の疲弊を表現しています、弱い立場の男性へと攻撃は執拗に向かいます40才もすぎて!自分の内面を犠牲にすると午後の心理生活に入るときにとてもまずい状況になります、仲間として人間としての人間関係をモチベーションとして生きなければいけないのに!仕事しなければいけないのに!幼児段階から心の成長がなされていないとみるべきです、取りこぼし症候群とでも名前をつけたほうが良いのではないでしょうか!」

 
もし私の分析が正しいとすると!実はこの方はこころを置き忘れてきています。女性性というこころをです!つまり感情生活が破たんしています。つまり生きがいというエネルギーを忘れてきて生活してきているのです、男性的生活だけではこの生きがいというエネルギーを得られないのが心のシステムです。精神科医でも現在のこの方の心が幼児から思春期段階のどのあたりにあるのか?居場所をみつけだすのが背一杯ではないでしょうか!つまり男性性に支配されて40才すぎまできてしまいました。心は男性性のみで生活してきたために!午後の心理へ・Afternoon psychologyと入るべきところで無意識群「女性性」からはねつけを食らってしまいます!怖いことに自分自身の持つ遺伝子イメージからのクレームです。どこの位置にいるかということぐらいは心理を勉強しているものなら大体理解できるのですが!治療となると話はまるで違います。専門医でも相当な経験者でないと!そして生きてきた時間まで無駄にならなければ良いのですが!、現代日本ではとても増えている症例ではないでしょうか?物質生活の崩壊の時期に日本人もきているように思います。

 

*この事例の場合はほとんどの精神科医が幼児期から思春期にかけてどこかで停止してしまっている心の発達に問題点を見つけ出すように思います、分裂まで行っていないことを祈るばかりです。
 
 
 

*この意識の機能の位置、機能自体の一面化! こころの機能は大丈夫か? これをお花との関係で見ていくのがフラワーセラピストの仕事になるわけです!自分の心の位置「ポジショニング」が年齢とリンクしているか?まず自分を分析することが出来なければセラピーのお仕事はできません。個々の心の発達がいかに難しいかは現代を冷静に見て頂ければ理解できると思います。


ホーム サイトマップ
トップページ ようこそKayuフラワー心理セラピーへ 問い合わせフォーム