ペルソナ機能「仮面・タテマエ」

ペルソナ機能「仮面・タテマエ」

ペルソナ機能「タテマエ・仮面」

 

ぺルソナって何?「仮面・面」 例え恋人同士でも必要・子供でさえ!心の機能「いいえ恋人だからこそ必要な機能」

 

このペルソナ機能は人間の成長とリンクさせてみますと、葉を茂らせる!20歳ぐらいまでのあいだに習慣的に作られていくコンプレックス機能です普通であればすでに20歳ぐらいでは機能しています。セラピストにとりこのフラワーカウンセリングしているときに!受けている方の心のポジショニング「Heart position」がどの位置にあるか?又機能しているかを判断するための心の情報を意識化するための大切な機能となりますのでセラピストを目指す方はご自身にも常にこの機能コンプレックスは意識しておく必要がございます。「当スクールの独特なお花のカウンセリングの手法でフラワーカウンセリングと心とを結んでいただきます」

 

If you try to link this persona function to human growth, leaves will grow thick! It is a complex function which is customarily made until about 20 years old If it is normal, it is already functioning around 20 years old. When you are doing this flower counseling for a therapist! Where is the position of the person's heart "Heart position" located? Since it becomes an important function to consciously make information of the mind to judge whether it is functioning or not, those who aim for therapists must always be conscious of this functional complex also for themselves.

 

 

天才ユング博士がギリシャの役者の仮面になぞられて心理学もとても身近なものとなりました。人間の外的環境「社会・客体」に対する意識心理機能のひとつです。

 

現代では人間関係にはなくてはならない機能ということができます、つまり女性も仕事を持つようになり男性との差はほとんど感じられない時代においてはなをさら必要です、ところがこの機能が意識化されていないので悩む女性もすくなからずございます。ほとんどの女性が心のどこの部分で働くか意識していないのです。仕事つまりほとんどの仕事が!頭脳ー自我ルートを経由しています。男性の場合は当然なのですが!女性の場合はもっと深い心の層からやってきています。

 

いずれにしましても環境に適応するためには仕方のない機能です。つまり猿の時代からの我々人間は群れで「社会」生活をしてきました。つまり他の個体「人間」との関係をスムーズに!円滑にいかせるための心理コンプレックス機能です。

 

 

 
 


ホーム サイトマップ
トップページ ようこそKayuフラワー心理セラピーへ 問い合わせフォーム