心の位置づけ!Positioning of mind

心の位置づけ!Positioning of mind

心のポジショニング Positioning of mind

 

*セラピストにとり大切なことはまずは自分自身のこころの構え!また自分自身の心のポジションが人生に対してどのような方向性を持ち!心の緊張が浅いのか?深いのか?知ることがフラワーセラピスト!その他心理療法士さんなどにも大切なこととなります。自分自身の心のエネルギー!緊張の仕方のプロセスとも言うことできます。開かれた性・女性の場合には!人生において女性の経験がどのように待ち受けているかという!アドバイスもセラピストの重要な仕事のひとつとなります。
例えば思春期にほとんどのひとが恋を体験できる時代はすでに終わってしまったのかもしれませんが!最近芸能界ではなぜに!恋の体験欲求の時期が!午後の心理段階に押し寄せてくる現実にとまどいを見せる芸能人もとても増えています。また深く恋についてかんがえられるタイプの方とそうでもない方が現実にはおられます!この違いだけでもすでに心の方向性が違いをみせています!実は恋は心理学的にもうしますと意識と肉体の準備がととのいましたら!本能のエネルギーがさせてくるものなのです!
つまり初恋とはその心理的ポジションが!初めて家族関係から離脱するというこころのポジションの変化して家族以外の異性「他人」を経験する「心的要因の獲得体験」心理的体験でもあるわけです。心の緊張が浅いタイプのかたは!愛という認識の構えが浅くなる傾向がありますので!自分自身の心のポジション「個性」がどのようなポジションで人生を経験していくのか?ということがセラピストの必須条件となります。
また一般の方では早めにしるということは!自分を早めにしるということですので人生の価値判断が早めに付けられるというとても心のエネルギーにとり重要なこととなります!また大人になるのが早いということになります。少女は恋はできますが!恋愛という意識的な面「価値情報」が発達して始めて人を愛することができるわけです!つまり最初の家族関係から離脱して!恋の相手を受け入れるか否か?大切なのは大人になれば学生時代より喜びは普通倍になりますが!現代では個性の異常としてその喜びがなかなか訪れないないのは深刻な問題でもあります。

 

恋それは無意識が直観・感覚機能の刺激で性が目覚め!感情機能が活発化する!また感情機能が受けることを恋とよびます!当然心理学的には生命活動の一種ですから!これがないととてもまずい状況になります。つまり一種の性の刺激を受け本能活動がともなう無意識の仕事というわけです!もうご理解いただけたと思いますが!杉の木をイメージすると!何十年後には大木となりますが!人間の情報も同じで!根っこ!これが心の広大な情報源ということになります。つまり種の中にはこころになる部分!意識になる部分!とすでに別れていきます。どのようなお花になるかは根っこ次第という側面も存在します。

 

「kokoro・根っこ」無意識の要素が発達しませんと!意識ばかりが大きくなり!「根っこ・kokoro」が発達していないいと木は簡単に枯れたり!倒れたりしてしまいます!人間もまるきりこれと同じなのです!大きなイメージは遺伝的に生まれながら「シンボル」はもって生まれてきますが!自分の根っこの記憶として!コンプレックスは生成されて!数多くの人生の航海であなたの方向を調整していきます。

当然フラワーセラピストもあまり若いとこのポジショニング作業の無意識の経験を「シンボリック・イメージ」を!あまりしていませんので!他の方のセラピーをする場合いは30歳過ぎてないとなかなか分析力がつきませんので!ある程度の人生経験はセラピーの場合に必要になります!


ホーム サイトマップ
トップページ ようこそKayuフラワー心理セラピーへ 問い合わせフォーム